読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガーのメソッド

Methods of Asperger

発達障害(アスペルガー・ADHD)の「聞き間違え」。コミュニケーション問題の原因は「耳」?

はじめに

「発達障害」にみられる「コミュニケーション障害」は、脳の働きが主に関係していると考えられています。それで、現在は、IQテストが「コミュニケーション能力」の判断材料の一つになっています*1

それがもし、「耳の問題」も関係しているとしたら、ちょっと驚きではないでしょうか。

今日は、発達障害の中でも「自閉スペクトラム症」における「コミュニケーション障害」が「内耳」のトラブルとも関係があるかもしれないという研究に関する記事です。

1kHz(1,000ヘルツ)をキャッチする内耳に問題あり?

2013年 ウッチ医科大学の研究

まず、2013年のポーランド・ウッチ医科大学の研究では、3歳~18歳の自閉症の子どもに「耳音響放射測定」をしたところ、定型発達児に比べて1kHz(1,000ヘルツ)と2kHz(2,000ヘルツ)の帯域で耳音響放射が弱いという結果が出ました。

「耳音響放射測定」では、音の振動をキャッチする最終的なセンサーである「内耳(蝸牛の有毛細胞)の働き」を周波数別に測定することができます*2。耳音響放射が弱いというのは、多くの場合「内耳(蝸牛内の有毛細胞)」の機能不全を意味してます。

また、鼓膜聴力検査(ティンパノメトリー)では、タイプBとC2の曲線を示した(鼓膜や外耳の方にも問題があると思われる)自閉症児が多くみられたという調査結果も提示されました。

2016年 ロチェスター大学の研究

最近になって「自閉症」と「内耳」に関する研究を裏付ける新たな研究結果が発表されました。

米国国立衛生研究所(NIH)の資金提供によるロチェスター大学の研究によると、一般的な聴力検査で正常値だった6~17歳の自閉症児35人と、定型発達児42人に「耳音響放射測定」をしたところ自閉症児のグループの内耳で「耳音響放射の低下」が明らかに多く見られたことを報告しました。つまり、普通の聴力検査で異常がなくても、音響放射測定では異常があったということです。

特に「歪成分耳音響放射(DPOAE)測定」では、1kHz(1,000ヘルツ)帯での音響放射が自閉症児の方が25%低かったこともわかりました。さらに興味深い点として、耳音響放射の低下が「受容-表出混合性言語障害(コミュニケーション障害)」と関係している可能性があると指摘しています。

この点について、英国の国民保健サービスは研究者の言葉として「言語内の似たような母音を識別するのが困難になる」可能性があると解説しました。*3

しかし、自閉スペクトラム症の人の「耳音響放射の低下」が定型発達児よりも優位であると言い切るには、もっと大規模な調査が求められるでしょう。

日本でも、自閉症に対する耳音響放射の研究が進むことを期待しています。

1,000ヘルツ帯とコミュニケーション障害の関係性

1,000ヘルツ帯の障害で、まず思い浮かんだのが、英会話教材の宣伝などでよく見かける「トマティス博士の言語別周波数表」です。

f:id:HULOT:20161017151746p:plain

出典: http://beepopenglish.com

各言語には独自の周波数帯があり、日本語と英語は周波数帯がほとんどかぶらないため、「日本人はネイティブの英語を聞き取りづらい」という解説で使われています(イギリス英語やスペイン語でも1,000ヘルツ帯を使用しているという指摘もある)。

この表を見ると、1,000ヘルツ帯というのは、主要言語の多くで使用されている周波数帯であることが分かります。特に日本語では主要な周波数帯と言えるでしょう。

先程、1,000ヘルツ帯の有毛細胞が不全だと「言語内の似たような母音を識別するのが困難になる」可能性が指摘されていました。たとえば、「ある瞬間だけ単語を聴き逃してしまう」とか「母音が近い単語を聞き間違えてしまう(わさび、はさみ、ささみを間違えるなど)」などは内耳の問題と関係があるかもしれません(毎日が空耳アワーならいいのですが)。

たとえば、アスペルガー症候群の人の場合、言葉の発達の遅れが無いにも関わらず「人の話を理解するのが苦手、話を聞こうとしない、話をするのが苦手」などの問題を抱える「受容-表出混合性言語障害」が多く見られます。しかし、研究結果からすると、実は「ある部分がよく聞こえていない」ために「会話理解や表現が苦手」だという可能性も出てきたというわけです。

おわりに

発達障害にみられる「コミュニケーション障害」は「心」か「脳」か、それとも「内耳」の問題か。はたまた、そのすべてなのか。ケースバイケースなのか。

今回の研究で判明した「自閉症児における1,000ヘルツ帯に対応する内耳の反応が悪い」ことと「受容-表出混合性言語障害(コミュニケーション障害)」の関係について、さらなる研究がなされることを期待したいと思います。

内耳や音響放射について知りたい方は、過去の記事が参考になります。

[過去に人気があった記事]

*1:現在の日本の医療では、自閉症とADHDを併発しているケースが多いにも関わらず、どちらか片方の診断がなされていることが多いため、タイトルでは総括して「発達障害」という呼称を使用しました

*2:この検査法については「耳の仕組み 鼓膜はテコの原理で振動を3倍に増幅。最後は水振動で毛を揺らす - アスペルガーのメソッド」で説明しています

*3:Could a hearing test help diagnose autism in babies? - Health News - NHS Choices

耳の仕組み 鼓膜はテコの原理で振動を3倍に増幅。最後は水振動で毛を揺らす

はじめに

聴力と自閉症の関係について調べていたら、耳の仕組みがかなりメカニカルでびっくりしたので、まとめてみようと思いました。

ざっくり語っても、繊細な耳の仕組み

wikiを元に図を作ったのですが、我ながら非常にわかりにくい! Youtubeを調べると素晴らしい映像があったので、忙しい方のためにGIFアニメでまとめてみました*1

f:id:HULOT:20161015233628p:plain

耳 - Wikipediaより出典後、一部改変。

ステップ1 空気を媒介して音は鼓膜に届く

音は、まず「耳(耳介)」で集音し、「外耳道」を通って、「鼓膜」を振動させます。ペコペコ、ブルブル。↓これ鼓膜のイラスト

f:id:HULOT:20161017124814g:plain

GifアニメはすべてAuditory Transduction (2002) - YouTubeからです。素晴らしいので、是非ご覧ください。

ステップ2 鼓膜から先は、テコの原理で振動を3倍に増幅

なんと鼓膜の裏には、骨がつながってたんですね。鼓膜を横から見た図。

f:id:HULOT:20161017103739g:plain

この3つの小骨が、テコの原理で振動を3倍に増幅することができます。

f:id:HULOT:20161017103813g:plain

 

3つ目の小骨が、ビートを刻み、いえ、振動を増幅させ、「蝸牛(かぎゅう)」という器官に伝えます。かなり機械仕掛け感あります。

f:id:HULOT:20161017104154g:plain

ステップ3 音の振動は「空気」から「液体(リンパ)」に移動

内耳の「蝸牛(かぎゅう)」の断面図。蝸牛の中には3本のパイプが通っていて、リンパ(液体)で満たされています。つまり、音の振動は空気から、リンパ液に変換されて振動するのです。

f:id:HULOT:20161017104505g:plain

 

ステップ4 蝸牛(かぎゅう)内では、周波数ごとに音をキャッチする

f:id:HULOT:20161017104329g:plain

ちなみに、10番の「蝸牛(かぎゅう)」は、ホルン状になっていて、蝸牛の入口付近では高音をキャッチ、奥に行くに従って低音をキャッチします。

f:id:HULOT:20161016002233p:plain

出典:hearing | sense | Britannica.com

ステップ5 水の揺れを、「毛」、つまり「有毛細胞」が捉え、神経信号に変換。信号が脳に到達し、「音」と認識される。

f:id:HULOT:20161017104638g:plain

蝸牛(かぎゅう)の中はさらにメカっています。「有毛細胞」は、音の振動を最後にキャッチする器官です。「有毛細胞」は約1万5000個あると言われ、蝸牛のパイプの中で綺麗に並んでいるのですが、周波数エリアごとにある有毛細胞の「毛」の部分が変形すると、土台が興奮し、神経伝達物質を放出します。それが、脳内(聴覚中枢)に送られて、音と認識するわけです。ジャジーでグルービーですね。

f:id:HULOT:20161016003358j:plain

f:id:HULOT:20161017104503g:plain

これらすべてのステップを、一瞬で処理し、24時間使っていることを考えると、耳を酷使したらかわいそうな気がしてきました。

また、難聴や耳が遠くなる現象の多くは有毛細胞の損傷や老化にも原因があるようです。iPS細胞で再生できないものかしら。

耳が音を拾うと、耳は別の音で返している

もっと興味深い話。

音を有毛細胞が拾った時、実は有毛細胞自体からも音が出ているということ。つまり、耳が音を拾うとき、耳は同時に音を返しているというのです。なんで耳から音を出す必要があるのか。その理由は、まだ分かっていません。不思議です。

1,000ヘルツの音を耳に送ると、それ用の音が返ってきます。2,000ヘルツの音を耳に送っても、2,000ヘルツに対して反応した別の音が返ってきます。つまり耳はそれぞれの周波数に対して、個別に音を返しているのです。

「耳が出す音を測定」する。つまり、有毛細胞の働きを測定する

その特性を利用した聴力検査があります。「耳音響放射(OAE)検査」と言います。耳が返す音に異常はないか、音量は適切かを測定するのです。この検査により、音に対する「主観的な感じ方」ではなく「客観的な測定」をすることが可能になります。また、周波数ごとにある有毛細胞の健康度も分かるというわけです*2

動画で耳音響放射と検査のしくみが理解できます。赤ちゃんがカワイイ。


Neuro-Audio-Screen: Hearing Screening Techniques

おわりに

今日は「耳」の世界をちょっとのぞいてみました。

ところで、当ブログで「耳」について考えたのはなぜでしょうか。それは「耳音響放射(OAE)検査」で見つかった発達障害に関する研究を見つけたからです。そのことについては、次の記事で取り上げたいと思います。 

*1:gifアニメの出典はすべて:Auditory Transduction (2002) - YouTube

*2:あの佐村河内氏に感音難聴があったとは認められないというBPOの判断も耳音響放射検査に基いていました

2016年10月 最近の発達障害関連のニュースをピックアップ

はじめに

こんにちは、久しぶりの記事更新です。2016年9月から10月は、発達障害関連のニュースが多くありました。今日は、その中から6つのニュースをピックアップしてみたいと思います。

News

1

ADHD治療薬「ダソトラリン」

ADHD Diet


ADHDの治療薬コンサータとストラテラが効かない人の救世主になるか?

成人ADHD治療薬として期待の高い「ダソトラリン(dasotraline)」が最終段階の治験で有効性が確認される

  • 成人ADHD治療薬として治験フェーズⅢ(治験の最終段階)
  • 成分名:ダソトラリン
  • 開発:米サノビオン(大日本住友製薬の子会社)

ダソトラリンはノルエピネフリン・ドーパミン再取り込み阻害薬(DNRI)です。9月末に大日本住友製薬からプレスリリースがあったように、治験が最終段階(フェーズ2/3)に来ており、安全性と効果が確認されたとのこと。半減期は47~77 時間。米国ではADHDと過食症(BED)で臨床試験中です。

2018年までにADHD治療薬として、2019年には過食症治療薬としての発売を目指しています。

DNRI製剤のADHD治療薬という点でも注目できますが、DNRI製剤として既にデビューしているものとしては「ブプロピオン」があります。これは、抗うつ薬、禁煙補助薬として米国で発売されています。

参考:大日本住友製薬のプレスリリース

 

News

2

脳内免疫細胞「ミクログリア」

f:id:HULOT:20161013201544j:plain

発達期に、脳内免疫細胞「ミクログリア(小膠細胞)」が少ないと感覚処理に問題が生じるというマウス実験

脳内に入れない白血球の代わりに免疫細胞として活躍する「ミクログリア」に関するニュースです。生理学研究所によると、発達期に「ミクログリア」を減らしたマウスは、触覚や痛覚などの感覚処理に問題があったことを発見しました。

これまでは「ミクログリア」が多いことで発達障害を引き起こしているのではないかという研究が知られていましたが、今回のように「ミクログリア」が少ないことも問題となると「ミクログリア」の謎は深まるばかりです。

たとえば、2012年の浜松大の調査では、大人の自閉症の脳では、「ミクログリア」が過剰に働いていることが分かっています。

また、2014年のジョンズ・ホプキンス大による調査では、「ミクログリア」に炎症を起こす行動と抑える行動の2種類あることが判明。さらに、自閉症患者は「炎症を抑えるタイプのミクログリア」が活発になりすぎることで、神経細胞が正しく働かなくなることを発表していました。

welq.jp

ミクログリアの神秘についてはこちら(pdfファイル)。

http://www.inst-hsc.jp/rrep/pdf/361-03-01.pdf

 

News

3

簡易型脳波計

気軽に、科学的に、感覚を評価することができる時代まで、あと少し

http://www.nips.ac.jp/release/images/20160929press_1-1.jpg

帽子のように被るだけ。視覚評価用脳波計システムのモック図面

内閣府による「総合科学技術・イノベーション会議」のプロジェクトにより、「視覚評価用脳波計システム」のプロトタイプが完成したというニュースです。

「視覚評価用脳波計システム」とは何か。

これは、レンズメーカーなどが中心となり共同開発が進められている製品。もともとは、遠近両用レンズなどのように、見え心地を言葉ではうまく説明できない問題を、脳波の動きを見て客観的に評価しようと開発したものです。よく見えているのか、見えていないのか、不快か、心地よいかなどを、脳の動きとして計測します。

脳波計ですから、視覚に限らず、聴覚、触覚など五感がどのような状態なのかを客観的に調査することが可能です。それで今後、発達障害者の感覚過敏等を計測するのに役立つと期待されています。

体温計感覚で、自分の気分を測定できる日も、間近かもしれません。

また、余談ですが、ウェアラブルということもあり、バーチャル・リアリティへの応用など幅広い分野での活用が期待されています。

"緊張"や"驚き"などを検知するのも可能で、たとえばホラーゲームなどでプレイヤーの緊張感が高まったときにタイミングよくイベントを発生させることもできるとのこと。次世代VRヘッドマウントディスプレーに搭載されれば、ユーザーに合わせて演出が変化するVRコンテンツを作成できそうです

4K解像度のVR HMDの登場時期は? CEATECで見かけたVR系ガジェットをチェック:週刊VR情報局 - Engadget Japanese

 


「ニューロテイラーメイド」による「あなただけ」の実現を目指して。

 

 

News

4

国内初バリアフリー映画館

東京田端に国内初の「バリアフリー映画館」がオープン。個室を完備し、全作品に字幕や音声ガイドも

Nuovo cinema Paradiso\

11月にはニュー・シネマ・パラダイスの上映も

2016年9月1日。東京の山手線「田端駅」北口徒歩5分の場所に、バリアフリーの映画館「CINEMA Chupki TABATA(シネマ・チュプキ・タバタ)」がオープンしました。クラウドファンディングなどで1,880万円の募金が集まり、映画館オープンが実現。

これまでも、月1で音声ガイド付きの映画を上映するなど、バリアフリーデーに取り組んできたシアターはありましたが、映画館そのものをバリアフリーにしたのは、おそらく国内初。

全18席(うち車いす席3席)・120インチスクリーンとハードこそ小さいですが、客席後ろに個室を用意。映画中に興奮して大声を出したり、泣いたりしがちな発達障害の子どもなら、ありがたい仕様です。

ソフト面では、邦画洋画問わず、字幕と音声ガイドがあります。ここなら、目や耳が不自由な人はもちろん、音声だけだと話の展開についていけない発達障害の人も、誘い合って映画に行くことができます。

運営はバリアフリー映画鑑賞推進団体 シティ・ライツ。水曜定休。料金は一般1,500円、シニア・学生1,000円、中学生以下500円。障害者料金の設定は無し。ホームページから予約も可能です。 http://chupki.jpn.org

 

News

5

体内時計を制御する物質

time

北大が体内時計をコントロールする神経ペプチドを特定

北海道大学は9月12日体内時計(生物時計)の可視化技術を利用し、体内時計の生後発達を制御する神経ペプチドの同定に成功したことを発表しました。

睡眠覚醒リズムは脳の奥深いところにある体内時計(視交叉上核(SCN))によってコントロールされています。体内時計は1億以上の神経細胞で構成されいるのですが、1億の細胞それぞれが時計遺伝子を振動させています。それらが、互いに連絡を取り合いながら体内時計として機能しているのです。というのが、今まで分かっていたこと。

でも、1億もある神経細胞内の時計遺伝子が、どうやって互いに連絡を取り合っているのかは、解明されていませんでした。北大は、2つの神経ペプチドがその連絡に関係していることを突き止めました

この2つの神経ペプチドとは、利尿や血圧に関係する「アルギニンバソプレシン(AVP)」消化器系を制御する「血管作動性腸管ペプチド(VIP)」です。これらが、脳内の体内時計のコントロールに不可欠な神経ペプチドだということがわかりました。さらに、成長のある段階まではVIPが優位で、以後はAVPが優位になるということも発見。

北大によれば「小児の行動リズム異常や睡眠障害を伴うことの多い発達障害などの病態解明に結び付くことが期待される」ということです。

素人目に見ても、興味深いこのニュース。子どものおねしょとか、夜泣きなんか、体内時計にヒントがありそうですよね。それに、発達障害者に睡眠障害が多いのも、なんかヒントが見えそう。さらに言えば、すべての細胞内にも時計遺伝子は組み込まれているわけで、現在は未解明ながらも、実は脳内の親時計が全身の時計遺伝子に司令を出しているとか(妄想)… そんなことにもなってきそうで、勝手にワクワクしています。

 

News

6

自閉症と遺伝子の関係

genome

九大の自閉症の発症メカニズを解明に疑問符

今度は九大の発表。9月18日に「自閉症の発症メカニズムを解明 - 治療への応用を期待というセンセーショナルなプレスリリースがありました。すごい発見だとネットを随分と賑わせていました。しかし、本当にそうなのでしょうか。プレスリリースによると、

健常者ではCHD8がRESTの活性を抑えることによって正常な神経発生が行われますが、自閉症患者ではCHD8の変異によりRESTが異常活性化して神経発生が遅延することが明らかとなりました。自閉症の原因が判明したことによって、新たな治療法の開発が期待されます。自閉症の発症メカニズムを解明 - 治療への応用を期待 | 研究成果 | 九州大学(KYUSHU UNIVERSITY)

とのこと。要約すると、自閉症患者で最も変異が多いCHD8これがRESTを異常活性させ神経発達に影響する→つまり自閉症の原因が判明した→今後CHD8を人工的に上昇させるか、RESTを抑えるかのいずれかで自閉症が治療できる可能性が高い。以上。

本当にそうなのでしょうか?

毎日新聞WEB版は、この点を冷静に記事化していました。

自閉症の原因に関係すると考えられる遺伝子は数多く報告されている。特にDNAの転写などに関わる「CHD8」を持っていない人は患者で最多の約0.4%いるとの研究もある 毎日新聞-阿部周一 自閉症:発症の仕組みの一端解明 九大グループ - 毎日新聞

さすが、新聞はまだ死んでいない。

CHD8半欠損の自閉症は患者の約0.4%にも関わらず「自閉症の発症メカニズム解明」のタイトルはやりすぎ感があります。なお、CHD8半欠損の患者さんは、高頻度で自閉症に加え大頭症、腸管異常を合併していることが知られています。http://www.cell.com/cell/abstract/S0092-8674(14)00749-1

遺伝子異常と自閉症の関連では、これまでにも東大の研究で、ヤコブセン症候群の半分にPX-RICS半欠損が認められるなどの成果があります。遺伝子の研究により、自閉症患者の治療に光が指すことを願っています。しかし、今回の九大の研究でわたしの自閉症が治る見込みは少なそうです。

おわりに

いつも話が長くてすみません。あっという間に4000文字近くになってしまいました。最近は面白いニュースが続きましたので、続編は、また近日中にアップしたいと思います。なにぶん、いち患者の感想文ですので、内容がなって無いよう的なご意見はお許しいただければ幸いです。ただ、明らかに間違っているものは、やさしく、マイルドに教えていただければ、うれしく思います。それでは、本日はこの辺で。