アスペルガーのメソッド

Methods of Asperger

「周りが見えない人」ー発達障害、ADHDに多い過集中。集中し過ぎの3つの原因と4つの対策

Concentration

[あらすじ] 過集中は、集中力をコントロールできない、暴走列車のようなものなのです。でも、この集中力を自在にコントロールできるようになれば、最高級のスポーツカーのような存在に変わることだってできるのです。4つのステップがあります。

はじめに、過集中とは

一度集中していると、寝食も忘れて没頭してしまう人っていますよね。あまり度がすぎると、声をかけても、電話が鳴っても、全く聞こえていない。

それって、「過集中」かもしれません。

過集中とは「過剰に集中してしまう状況」のこと。

過集中の影響 →「病気、死の原因」

過集中は、「健康に多大な影響」を及ぼします。体の限界に気づかずに集中力が持続してしまう場合、脳は体を休ませるために、最終的に心臓や他の臓器を止める選択するかもしれません(実感として)。

これを俗に過労死と呼びます。

たとえば、世界的なミュージシャンであったプリンスは亡くなる直前、作曲活動に集中するあまり、154時間連続で睡眠をとらなかったと言われています。

せっかくの集中力も、行き過ぎると「死」や「病気」の原因に。これでは本末転倒です。

過集中の影響 → 「臭い」

集中力を発揮している間は、風呂に入らなかったり、着替えなかったり、水分が不足していたりするため、異常に臭くなり、すごい臭いを発していることすら気づきません。

過集中の影響 → 「人間関係や仕事への悪影響」

それだけではありません。過集中は人間関係や仕事に悪影響を与えます。

たとえば、ネットや仕事に過集中してしまい、家族と食事ができなくなってしまう。こうなると、家族の時間泥棒になるだけでなく、家族をイライラさせたり、コミュニケーションを取るための機会を逃したりと、人間関係を悪化させてしまいます。

仕事なら、次にやらなければいけない用事を忘れて、現在の用事に没頭しすぎてしまう。結果としてすべき仕事を完遂できなかったり、無駄な残業になったり、周りに迷惑をかけてしまうことになってしまうのです。

発達障害(ADHD・自閉症スペクトラム[アスペルガー症候群など])に多い過集中。その原因。

プリンスは発達障害と診断されていませんが、発達障害の人に「過集中」の問題が多く見られます。

では、どうして、過集中になってしまうのでしょうか。

発達障害の過集中、3つの原因

様々な原因があるとされていますが、主に考えられる「3つの原因」について触れておきたいと思います。

1. シングルフォーカス特性

Forest


一つ目に「シングルフォーカス特性」という大きな原因があります。

発達障害(とりわけアスペルガー症候群)の人の多くは、複数の情報源を同時に処理できません。簡単に言えば、木を見て森も同時に見ることができないのです。

つまり、一つのことに注目すると、他を無視してしまう特性を持っているのです。

この特性が高いと、目の前の作業に過度に集中してしまう結果、今の自分が「疲れているのか」、「元気なのか」、「ストレスを抱えているのか」という判断すらできなくなってしまうという「自己現状の把握ができない」状態になってしまいます。

2. シングルレイヤー思考特性

Another red flag day in Sri Lanka.

2つ目の原因は「シングルレイヤー思考特性」です。

発達障害(とりわけアスペルガー症候群)の人は、同時的・重層的な思考処理が苦手です。物理的な次元、自己の身体に関わる次元、具体的な他者との関係、社会の中でも意味づけ、価値に関わる判断などを重層的(マルチレイヤー)に考えることが困難なのです。

難しく言いましたが、仕事を例に取ってみましょう。

健常者の場合、ある仕事を引き受けた場合、「期限」、「重要度」、「損得」、「他の仕事とのバランス」、「帰宅時刻」、「コスト」など様々な要素を瞬間的に処理して、引き受けた仕事にかけるパワーを決定します。

「後回しにしよう」とか「1時間で終わらせよう」などと判断します。

しかし、シングルレイヤー思考特性が高いと、そういった重層的な判断ができないため、場合によっては「面白そうだ」という単一のレイヤーで仕事に取りかかってしまうのです。

そこに、先ほどの「シングルフォーカス特性」が働きますので、ますます他の仕事(レイヤー)のことすら見えずに、没頭してしまうのです。

3.全身の過度な緊張状態

Concentration


一度、過集中状態に入ってしまうと、身体のあちこちが過緊張状態になります。つまり、筋肉がガチガチになってしまい、その場からどんどん離れ辛くなってしまいます。しかも、ものすごい姿勢で作業に没頭したりします。

一方で、結果として目先の作業は「見事に」完成しても、他の作業をやる「体力が残っていません」。全身を緊張させた代償として、極度の疲労感が残っているため、ばったりと倒れてしまったりするのです。

つまり、過集中は、集中力をコントロールできない、暴走列車のようなものなのです。でも、この集中力を自在にコントロールできるようになれば、最高級のスポーツカーのような存在に変わることだってできるのです。

過集中のスイッチを切る4つのステップ

では、どうしたら、一度入った過集中のスイッチを切ることができるのでしょうか。今日はこれまで私が試してきた様々な方法の中で簡単かつ一番効果があった方法をご紹介したいと思います。全部で4ステップあります。この4つのステップをすべて行なうことが大切です。

ステップ1 決意を固める。

根性論ではありません。「自分の思い通りに過集中を解き放つという決意」を脳裏に焼き付けるためにとても大事なステップです。

その際、以下の4つのことを決意します。

  1. 「決めた時間が終了したら作業を必ず中断する」
  2. 「誰かに作業を止めるように言われたら必ず中断する」
  3. 「中断させられても絶対に文句を言わない」
  4. 「作業が完了しなくても必ず中断すること」

この4つを固く決意することです。

この決意がシングルフォーカス特性の深いところに働きかけます。そうすると、次第にこの決意が「こだわり」に変わります。

この決意は、自ら付箋に書いてPCのディスプレイなどに貼っておくと良いでしょう。

また、次にやるべき事がすでに決まっているなら、今すべき作業内容と共に付箋に書いて貼っておきましょう。

このときのコツは

「現在の作業はメール返信。次の作業は11:00〜、 50分間でプレゼン資料を作らなければならない

といった具合に「命令調」で書くのがポイントです。とりわけアスペルガー症候群やADHDの人は暗示にかかりやすいので、自分で自分を暗示にかけるのです。

ステップ2 カウントダウンタイマーをセットする。

タイムタイマーアラーム付き (L) 30センチタイプ

「タイムタイマー」か「カウントダウンタイマー」をセットしましょう。

目覚ましアラームではなく、カウントダウンが大事です。

視覚的にあとどのくらい時間が残っているかを意識して作業することが時間内にやり遂げるというモチベーションにもなります。

1回に1時間以上作業をしないようにしましょう

もし、3時間作業をする予定であれば、55分を3回に分けるなど工夫しましょう。55分作業をして5分休む。これを3回繰り返すのです。

5分休む際もカウントダウンタイマーを忘れずに。

うっかり休憩を2時間とったりしてしまいます。

なぜ、3時間続けて同じ作業をしてはいけないのでしょうか。

人にもよりますが、1時間以上身体を緊張状態にすると、後から疲れがどっと出て来るからです。

健常者の暮らしに寄り添う人生とは、雑談だったり、食事だったり、移動だったり、買い物だったり、リクリエーションだったりとやることがいっぱいなのです。そのためには、体力を温存しておかなければならないのです。

Time Timer

Time Timer

  • Time Timer LLC
  • 仕事効率化
  • ¥360

ステップ3 リラックスタッピングで身体を緩める。

タッピング入門―シンプルになったTFT&EFT

仕事を中断すべき時間が来ました。どうしたら集中を切れるでしょう。

リラックタッピングをしましょう。

過集中の原因である身体の緊張を緩めるのです。やり方は簡単、身体の各部をパチパチと叩くことです。

わたしの場合は、腕、ふくらはぎ、太もも、首、ほっぺを各4回ずつ、軽くですがパチパチと音が鳴るくらいの強さで叩きます。

パチパチがだめな人は、さすったり、トントンと叩くといいかもしれません。時と場合によっては腕だけでも十分効果があります。

これは、水泳をはじめスポーツ選手が試合の直前に身体をパチパチ叩いて緊張をほぐしているところからヒントを得ました。

緊張した身体をリラックスさせる、手っ取り早い方法の一つがこのリラックスタッピングなのです。

これは偶然にして、TFTやEFTという心理療法として結果を出しているやり方でした。

より効果を出したいなら、以下の本がオススメです。非常に簡単ながら奥が深いタッピング。不安やトラウマ、過緊張に良く効きます。

タッピング入門―シンプルになったTFT&EFT

タッピング入門―シンプルになったTFT&EFT

 

ステップ4 システマのブリージングをする。

 

最後にシステマのブリージングをすれば、過集中状態、つまり過緊張の状態から完全に抜けることができます。

慣れてくれば、ステップ4、これだけでも過集中状態から解放できます。

システマのブリージングとは、ロシアの特殊部隊が行っている呼吸法です。極度の緊張状態の中でも身体を緊張させないようにする呼吸法なので、非常に即効性があります。

呼吸法といっても、やり方はとにかく簡単です。

わたしは、これをやるとすぐあくびが出ます。

何度もあくびをしてしまいます。つまり、身体がどんどんリラックスしていくのです。こうすると、過集中状態から抜け出せます。次の作業に移るか、ブレークタイムを取りましょう。

ストレス、パニックを消す!最強の呼吸法 システマ・ブリージング

ストレス、パニックを消す!最強の呼吸法 システマ・ブリージング

 
『ストレスに負けない最高の呼吸術』〜システマ式シンプルブリージングワーク100〜

『ストレスに負けない最高の呼吸術』〜システマ式シンプルブリージングワーク100〜

 

おわりに

いかがでしたか? 「ADHDやアスペルガーの人に多い、過集中をプッツリ切る4つのステップ」をぜひ試してみてください。

もちろん、ADHDやアスペルガー症候群などの発達障害の方でなくとも過集中に悩んでいるならぜひこのメソッドをオススメしたいと思います。

わたしが、発達障害(自閉症・アスペルガー・ADHD)のブログをはじめた、たった1つの理由

30歳前半で「発達障害」と診断されて

はじめまして。よしまると申します。

現在42歳、結婚18年目で子どもなし。フリーランスのクリエイター。数年前から海外での生活がメインになっています。

わたしは、このブログをはじめるきっかけとなった、ある疾患を持っています。それは、現在、「発達障害」と呼ばれています。

発達障害には色々な疾患が含まれていますが、わたしは、その中でも、自閉症とADHDをミックスして持っています。幼年期には歩行障害や学習障害もあったと思います。

とりわけ大人になってから悩まされたのは、「自閉スペクトラム症」の症状です。

自閉スペクトラム症は、発達障害の一つで、いわゆる「自閉症」のことです(自閉症とは何かについては、様々な意見がありますので、また後日書きたいと思います)。自閉症といっても、色々なタイプがあります。わたしは、いわゆる「アスペルガー症候群」と呼ばれる自閉症のグループに属しています。

診断を受けたのは大人になってから。30代前半のことでした。もっと詳細に言えば「アスペルガー症候群(ADHDの症状を伴う)、適応障害」と診断されました。

IQ差42、ど・アスペルガー症候群

はじめて医師から「アスペルガー症候群」と診断された時は、ガツーンと頭を打たれたようなショックを受けました。医師は続けて「『ど』が付くアスペルガーですね」と言いました。

わたしが当時抱えていたコミュニケーションの問題、生育歴、IQの偏り、どれをとってもアスペルガー症候群の特徴を見事に表すものだったからです。「『ど』アスペルガー」とは、典型的なアスペルガー症候群だったというわけです。

一番驚いたのは、わたしのIQの偏りです。ある分野のIQは72(境界線)ですが、別の分野のIQは114(平均の上)と、凸凹なのです。33歳の男性の場合、この差が8以上あると、「能力に偏りがある」と診断されるようですが、わたしの場合、なんと42の開きがあったのです。なるほど、これが発達凸凹。

もう、これをもって障害の裏付け。いたく納得しました。

f:id:HULOT:20170123114745p:plain

Formal Assessment – the WISC (intelligence test) | Special Ed: on the bell curveの図を改変)

視力で言えば、左目が0.01、右目が1.0。いわゆる「ガチャ目」のようです。これを裸眼で生きて来たようなものなのです。我ながら、よく矯正もなしに、30年も「ガチャ知能」で生きてこれたと関心したものです。

http://lh6.ggpht.com/__zoKJ77EvEc/TaqqnGeTdSI/AAAAAAAAM8A/Y2nS6rs2fhg/philipbarlow%5B3%5D.jpg?imgmax=800

近視の世界を描いたPhilip Barlowの作品(出典:Soft Focus Oil Paintings by Philip Barlow | Amusing Planet

診断されたことで、ようやく見えた課題

アスペルガー症候群は発達障害です。発達障害とは、神経に発達に遅れがある障害です。発達、つまり、発達の初期である幼児期からその症状が見られる障害です。

しかし、発達障害の実像が分かってきたのは近年のこと。したがって、わたしの場合、発達障害と診断されるずーっと前から、つまり赤ちゃんの頃から、自閉症やADHDの症状と戦ってきたのです。

でも、発達障害が知られていない時代のことですから、周りから普通の子と違うと指摘される「自分」をコントロールすることは、あまりにも残酷なことでした。親子して、ただ途方に暮れ、自尊心を失うばかりの毎日でした。

しかし、発達障害と診断されてからは、向き合うものがはっきりとしたのです。つまり、症状がはっきりと言語化されたことで、「自分」と「普通の人」との違いの矯正に正面から取り組むことができるようになったのです。

発達障害に関する情報により、人生が一変した

たとえば、書店にいくと、すでに発達障害者が生き抜く術(自分のためのメソッド)が
たくさん書棚に用意されていました(当時は子供を対象としたものばかりでしたが)。

それこそ、発達障害の診断が下されたその足で、東京駅前の大型ブックセンターに行き、発達障害コーナーの本を棚ごと購入(大型カート3つ分)しました。そして、取り憑かれたように発達障害について調べたのです。

以来、人生は一変しました。

簡単なことではありませんでしたが、発達障害と向き合って10年。現在、アスペルガー症候群とADHDの症状はほぼ寛解しています。正確に言えば、少々の服薬とサプリメント、そして認知行動療法によって、症状を他人に見せることはありません。

他者に「変人」と見られなくなった今、40年近い人生の重荷は、風船のように軽くなりました。

一方で、普通の人になって本当に良かったのだろうかという疑問も生じました。不器用な人生です。

 

寛解している今、わたしにできることは何だろう

そんなとき、わたしにできることは何だろう。そう考えるようになりました。

その一つが、このブログです。

東京の大きな書店に行けばたくさんの情報を得ることができます。でも、ちょっと離れると書店の発達障害のコーナーは小さなものです。

インターネットを見ても、発達障害に関する情報は、どれも似たり寄ったり。特に、大人の発達障害に関する情報はほとんどありません。

また、その症状について述べるものはあっても、具体的な対処法に関する体験談や、発達障害に関する最新の動向がまとめられたサイトに出会うことは、ほとんどありません。

そこで、わたしが実際にやってみて役に立った、つまり症状の改善がみられたメソッド(解決方法)を紹介してみることにしました。また、発達障害に関するホットなニュースなども取り上げてみたいと思っています。

人生をすこやかにするためのきっかけになりたい

発達障害の症状に悩むすべての方にとって、このブログが、人生をすこやかにするためのちょっとしたきっかけ(もしくは、ヒント)になるなら、うれしく思います。

もちろん、発達障害の人を支えたいと考えている、良き理解者のためにも、このブログを書いて行きたいと思っています。

大人のためのと書きましたが、子ども時代を振り返り、試行錯誤で症状を克服した、その当時、役に立った方法も紹介していきたいと思います。

本業やボランティア、その他の活動もありますから、更新はマイペースです。数年かけて、徐々に慣らしていきます。予めご了承ください。

では、ドキドキしますが、ブログをスタートさせたいと思います!

パンパカパーン♪

2016年、思い立ったが吉日
よしまる

 

普通になることは幸せなことなのか。ADHDとアスペルガーが寛解した今、改めて考えてみること。

-personalità..

自分の精神は、
アスペルガー氏とADHD氏がすべてだった。
大人になるまで、ずっと。

アスペルガー氏とADHD氏。

それは、ジキル氏とハイド氏、
中井貴一とりゅうちぇるくらいに違うキャラ。

本当の自分はどっちなんだろうか。

あるときは、
ブルックス・ブラザーズの売り子のように整って、

あるときは、
蛍光色やらボーダーやらサルエルやら、モードな世界へ飛んで行く。

あるときは、
髪を七三に分けたり、

あるときは、
髪を銀色に染めたり、坊主にしてみたりする。

アスペルガーの自分とADHDの自分がいて、
いったい自分は二重人格なのかしらんと思った。

本当に辛かった。
普通の人になりたかった。
普通の人に憧れた。

田舎だったので、周りも
こいつは、手の施しようのないアホだと思っていた。



ある日、東京から来た人に才能を見出される。
田舎ではアホ。東京では、それをアイデアと呼ぶらしい。
クリエイターとして下積みをはじめる。
両手を拡げて歓迎されるようになった。

一方で、衝突ばかり。
いいもの作るけど、衝突も多くて、
それでは、もっと先には進めない。

しばらくして、
メチルフェニデート氏が紹介された。
最近の別名はコンサータ。

すると、アスペルガー氏もADHD氏も静かになった。

どんどん普通の人になっていく。

行動療法、サプリメント、カウンセリング…

もう、普通の人にしか見られない。やったー!

作品が次々と評価され、
クライアントが増え、
なんか、どんどんいいことが続く。

個性が、
クライアントのニーズに
着地するようになったのだ。
衝突も、もうない。

みんなハッピー!?

あれよあれよと独立し、
東京の真ん中で颯爽とクリエイティブ。

これってバブル?

次第にクライアントのニーズに応える
お利口なものばかり作って、
あの頃のような、
アホで誰もがビックリするようなものは
作らなくなっていった。

正確に言うと、作らないのではなく、作れない。
メチルフェニデート氏が、
お利口さんに行動するよう強く命令するのだ。

「普通が一番! 普通が最高!」

メチルフェニデート氏は
アスペルガーのこだわりや、
ADHDの奔放さなんかをすっかり拭い去った。
面白くない人だけど、衝突もない。
みんなが納得するものを作って、ハッピーならそれでいい。
ぼくは、傍目には中庸な、あこがれの「普通の人」なのだから。

 

 

…と、そんなある日、妻が言った。

「昔のほうが、明るくて、バカみたいで楽しかった」。

 

 

ふと、自分がつまらない人間に思えてきた。

そんなとき、メチルフェニデート氏の影から
ADHD氏やアスペルガー氏がひょこっと顔を出して言った。

 

「たまには普通の人をやめて、旅に出てみたら?」。

  

たまには、彼らの言うことを聞くことにした。
事務所を畳んで、海外で暮らすことにした。
周りはびっくりして、口をポカーンと開けていたけど。

最初は1年のつもりだったけど、
居心地もいいので、2年、3年、4年…

もちろん今でもメチルフェニデート氏は、
二人をしっかり見張っている。

いま、ぼくは、
子どもの頃から憧れていた「普通の人」。

でも、本当にこれで良かったんだろうか。

ときどき、ふとしたことから
そんなことを考えたりする。