読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アスペルガーのメソッド

Methods of Asperger

わたしが、発達障害(自閉症・アスペルガー・ADHD)のブログをはじめた、たった1つの理由

その他 その他-お知らせ

30歳前半で「発達障害」と診断されて

はじめまして。よしまると申します。

現在42歳、結婚18年目で子どもなし。フリーランスのクリエイター。数年前から海外での生活がメインになっています。

わたしは、このブログをはじめるきっかけとなった、ある疾患を持っています。それは、現在、「発達障害」と呼ばれています。

発達障害には色々な疾患が含まれていますが、わたしは、その中でも、自閉症とADHDをミックスして持っています。幼年期には歩行障害や学習障害もあったと思います。

とりわけ大人になってから悩まされたのは、「自閉スペクトラム症」の症状です。

自閉スペクトラム症は、発達障害の一つで、いわゆる「自閉症」のことです(自閉症とは何かについては、様々な意見がありますので、また後日書きたいと思います)。自閉症といっても、色々なタイプがあります。わたしは、いわゆる「アスペルガー症候群」と呼ばれる自閉症のグループに属しています。

診断を受けたのは大人になってから。30代前半のことでした。もっと詳細に言えば「アスペルガー症候群(ADHDの症状を伴う)、適応障害」と診断されました。

IQ差42、ど・アスペルガー症候群

はじめて医師から「アスペルガー症候群」と診断された時は、ガツーンと頭を打たれたようなショックを受けました。医師は続けて「『ど』が付くアスペルガーですね」と言いました。

わたしが当時抱えていたコミュニケーションの問題、生育歴、IQの偏り、どれをとってもアスペルガー症候群の特徴を見事に表すものだったからです。「『ど』アスペルガー」とは、典型的なアスペルガー症候群だったというわけです。

一番驚いたのは、わたしのIQの偏りです。ある分野のIQは72(境界線)ですが、別の分野のIQは114(平均の上)と、凸凹なのです。33歳の男性の場合、この差が8以上あると、「能力に偏りがある」と診断されるようですが、わたしの場合、なんと42の開きがあったのです。なるほど、これが発達凸凹。

もう、これをもって障害の裏付け。いたく納得しました。

f:id:HULOT:20170123114745p:plain

Formal Assessment – the WISC (intelligence test) | Special Ed: on the bell curveの図を改変)

視力で言えば、左目が0.01、右目が1.0。いわゆる「ガチャ目」のようです。これを裸眼で生きて来たようなものなのです。我ながら、よく矯正もなしに、30年も「ガチャ知能」で生きてこれたと関心したものです。

http://lh6.ggpht.com/__zoKJ77EvEc/TaqqnGeTdSI/AAAAAAAAM8A/Y2nS6rs2fhg/philipbarlow%5B3%5D.jpg?imgmax=800

近視の世界を描いたPhilip Barlowの作品(出典:Soft Focus Oil Paintings by Philip Barlow | Amusing Planet

診断されたことで、ようやく見えた課題

アスペルガー症候群は発達障害です。発達障害とは、神経に発達に遅れがある障害です。発達、つまり、発達の初期である幼児期からその症状が見られる障害です。

しかし、発達障害の実像が分かってきたのは近年のこと。したがって、わたしの場合、発達障害と診断されるずーっと前から、つまり赤ちゃんの頃から、自閉症やADHDの症状と戦ってきたのです。

でも、発達障害が知られていない時代のことですから、周りから普通の子と違うと指摘される「自分」をコントロールすることは、あまりにも残酷なことでした。親子して、ただ途方に暮れ、自尊心を失うばかりの毎日でした。

しかし、発達障害と診断されてからは、向き合うものがはっきりとしたのです。つまり、症状がはっきりと言語化されたことで、「自分」と「普通の人」との違いの矯正に正面から取り組むことができるようになったのです。

発達障害に関する情報により、人生が一変した

たとえば、書店にいくと、すでに発達障害者が生き抜く術(自分のためのメソッド)が
たくさん書棚に用意されていました(当時は子供を対象としたものばかりでしたが)。

それこそ、発達障害の診断が下されたその足で、東京駅前の大型ブックセンターに行き、発達障害コーナーの本を棚ごと購入(大型カート3つ分)しました。そして、取り憑かれたように発達障害について調べたのです。

以来、人生は一変しました。

簡単なことではありませんでしたが、発達障害と向き合って10年。現在、アスペルガー症候群とADHDの症状はほぼ寛解しています。正確に言えば、少々の服薬とサプリメント、そして認知行動療法によって、症状を他人に見せることはありません。

他者に「変人」と見られなくなった今、40年近い人生の重荷は、風船のように軽くなりました。

一方で、普通の人になって本当に良かったのだろうかという疑問も生じました。不器用な人生です。

 

寛解している今、わたしにできることは何だろう

そんなとき、わたしにできることは何だろう。そう考えるようになりました。

その一つが、このブログです。

東京の大きな書店に行けばたくさんの情報を得ることができます。でも、ちょっと離れると書店の発達障害のコーナーは小さなものです。

インターネットを見ても、発達障害に関する情報は、どれも似たり寄ったり。特に、大人の発達障害に関する情報はほとんどありません。

また、その症状について述べるものはあっても、具体的な対処法に関する体験談や、発達障害に関する最新の動向がまとめられたサイトに出会うことは、ほとんどありません。

そこで、わたしが実際にやってみて役に立った、つまり症状の改善がみられたメソッド(解決方法)を紹介してみることにしました。また、発達障害に関するホットなニュースなども取り上げてみたいと思っています。

人生をすこやかにするためのきっかけになりたい

発達障害の症状に悩むすべての方にとって、このブログが、人生をすこやかにするためのちょっとしたきっかけ(もしくは、ヒント)になるなら、うれしく思います。

もちろん、発達障害の人を支えたいと考えている、良き理解者のためにも、このブログを書いて行きたいと思っています。

大人のためのと書きましたが、子ども時代を振り返り、試行錯誤で症状を克服した、その当時、役に立った方法も紹介していきたいと思います。

本業やボランティア、その他の活動もありますから、更新はマイペースです。数年かけて、徐々に慣らしていきます。予めご了承ください。

では、ドキドキしますが、ブログをスタートさせたいと思います!

パンパカパーン♪

2016年、思い立ったが吉日
よしまる

 

普通になることは幸せなことなのか。ADHDとアスペルガーが寛解した今、改めて考えてみること。

発達障害 発達障害-今の気持ち

-personalità..

自分の精神は、
アスペルガー氏とADHD氏がすべてだった。
大人になるまで、ずっと。

アスペルガー氏とADHD氏。

それは、ジキル氏とハイド氏、
中井貴一とりゅうちぇるくらいに違うキャラ。

本当の自分はどっちなんだろうか。

あるときは、
ブルックス・ブラザーズの売り子のように整って、

あるときは、
蛍光色やらボーダーやらサルエルやら、モードな世界へ飛んで行く。

あるときは、
髪を七三に分けたり、

あるときは、
髪を銀色に染めたり、坊主にしてみたりする。

アスペルガーの自分とADHDの自分がいて、
いったい自分は二重人格なのかしらんと思った。

本当に辛かった。
普通の人になりたかった。
普通の人に憧れた。

田舎だったので、周りも
こいつは、手の施しようのないアホだと思っていた。



ある日、東京から来た人に才能を見出される。
田舎ではアホ。東京では、それをアイデアと呼ぶらしい。
クリエイターとして下積みをはじめる。
両手を拡げて歓迎されるようになった。

一方で、衝突ばかり。
いいもの作るけど、衝突も多くて、
それでは、もっと先には進めない。

しばらくして、
メチルフェニデート氏が紹介された。
最近の別名はコンサータ。

すると、アスペルガー氏もADHD氏も静かになった。

どんどん普通の人になっていく。

行動療法、サプリメント、カウンセリング…

もう、普通の人にしか見られない。やったー!

作品が次々と評価され、
クライアントが増え、
なんか、どんどんいいことが続く。

個性が、
クライアントのニーズに
着地するようになったのだ。
衝突も、もうない。

みんなハッピー!?

あれよあれよと独立し、
東京の真ん中で颯爽とクリエイティブ。

これってバブル?

次第にクライアントのニーズに応える
お利口なものばかり作って、
あの頃のような、
アホで誰もがビックリするようなものは
作らなくなっていった。

正確に言うと、作らないのではなく、作れない。
メチルフェニデート氏が、
お利口さんに行動するよう強く命令するのだ。

「普通が一番! 普通が最高!」

メチルフェニデート氏は
アスペルガーのこだわりや、
ADHDの奔放さなんかをすっかり拭い去った。
面白くない人だけど、衝突もない。
みんなが納得するものを作って、ハッピーならそれでいい。
ぼくは、傍目には中庸な、あこがれの「普通の人」なのだから。

 

 

…と、そんなある日、妻が言った。

「昔のほうが、明るくて、バカみたいで楽しかった」。

 

 

ふと、自分がつまらない人間に思えてきた。

そんなとき、メチルフェニデート氏の影から
ADHD氏やアスペルガー氏がひょこっと顔を出して言った。

 

「たまには普通の人をやめて、旅に出てみたら?」。

  

たまには、彼らの言うことを聞くことにした。
事務所を畳んで、海外で暮らすことにした。
周りはびっくりして、口をポカーンと開けていたけど。

最初は1年のつもりだったけど、
居心地もいいので、2年、3年、4年…

もちろん今でもメチルフェニデート氏は、
二人をしっかり見張っている。

いま、ぼくは、
子どもの頃から憧れていた「普通の人」。

でも、本当にこれで良かったんだろうか。

ときどき、ふとしたことから
そんなことを考えたりする。

 

 

 

アスペルガー/ASD(自閉症スペクトラム障害)児を機械で診断できるようになったらしい

アスペルガー症候群-ニュースから アスペルガー症候群

はじめに

ASD(自閉症スペクトラム障害児)を機械で判別できるようになったらしい。

自閉症スペクトラム障害児における脳活動の特徴を捉えることに成功 | 金沢大学

金沢大学は、この分野で最近ニュースリリースを見かけることが増えました。発達障害の診断が機械でできるようになると、医師や臨床心理士の経験頼みだった診断から一歩前に進むことができます。

幼児用脳磁計 MEG を日本幼児のアタマの大きさにカスタマイズ

子どものこころの発達研究センターの髙橋哲也特任准教授,三邉義雄教授らの研究グループは,産学連携のプロジェクトで開発した幼児用脳磁計(MEG:Magnetoencephalograghy)を活用し,幼児期の自閉症スペクトラム障害児における脳活動の特徴を,新しい解析法を用いて捉えることに成功しました。引用:自閉症スペクトラム障害児における脳活動の特徴を捉えることに成功 | 金沢大学

この研究が随分と進んでいるようで、

現在、ASDの診断は、専門の医師が子どもの行動を観察したり、親に日頃の様子を質問したりして判断します。
ただ、問診だけでは完全に見極めることが難しいケースもあるといいます。

そこで、ASDを科学的に診断していこうという研究が進んでいます。




 

金沢大学 子どものこころの発達研究センター 菊知充教授
「こちらは『小児用MEG』という機械。」



 

金沢大学が企業と共同で開発したこの機械。

151個の高感度センサーが、脳から発生するわずかな磁場の変化を捉え、脳の動きを細かく分析することができます。
金沢大学の研究チームは、ASDの子どもとそうでない子ども、合わせて100人に幼児番組の映像を見せて、脳の働きを調べました。


ASDではない子どもの場合、「左脳の前側」と「右脳の後ろ側」が活発に信号を送り合います。
これが、コミュニケーションにおいて、重要な役割を果たしているとみられています。

 

一方、ASDの子どもの場合は、送り合う信号の量が少ないことが分かりました。
この装置は、まだ実用化に向けた研究段階ですが、こうした脳の特徴を捉えることが、より早期の診断につながるのではないかと期待されています。
 

金沢大学 子どものこころの発達研究センター 菊知充教授
「問診がとても難しい場合に、客観的な指標で、より正確に早期診断の補助となることが期待されている。
より効果的な早期介入(支援)が可能になってくると考えられる。」

引用:自閉スペクトラム症 早期発見で支援を|特集ダイジェスト|NHKニュース おはよう日本

 

自閉症スペクトラム障害(ASD)か、そうでないかのスクリーニングも容易になりそうです。

こうした研究が進めば、自閉症スペクトラム障害(ASD)か、そうでないかのスクリーニングも容易になりそうです。ぜひとも大人の自閉症スペクトラム障害(ASD)にもこうした科学的な検査が導入されるといいですね。

わたしなんか、検査したら自閉症スペクトラム障害(ASD)じゃないって言われたりして。そうしたら、途方に暮れるのか、よしまる病とか新たな名前を付けてしまうしか道はないのでしょうか。と暗いことを考えてみたりしております。